プロフィール


名前 【愛夢OK(あいむOK)】
年齢 【黄忠より年下】
勢力 【ずっと劉備軍】
ギルド『まったり村』村長です。
宝物 【奥さん(愛美奥参)】
奥さんと一緒に、のんびり、無双 Onlineを楽しんでいます

◆キャラプロフィール◆

カテゴリ


PR


色々なブログ紹介


カード035「愛夢OK、愛美奥参」 【お茶と魔界最強の者達】



《三国志夢想伝カード》
~真・三國無双 Online まったり村伝~

カード035「愛夢OK、愛美奥参」


  【お茶と魔界最強の者達】

 まったり村に、鈍い音が響いた。

「だ、大丈夫ですか…」
「痛いよ~(T_T)」

 愛夢OKが、木材を運ぶ途中で転んだのだ。
 (@_@)

 愛夢OKの砂だらけの顔を見て、皆、笑いをこらえていた。
 木材を持ったまま転んだので、顔から突っ込んだようだ。
 (@_@)

 愛夢OKは、「なぜそんなところで?」という場所でも、転ぶ…。
 …実話です。
 (笑)


 まったり村は、仲間達の力で、少しずつ復興していた。

 すると、そこに、一人の男が現れた。
「皆さん、ご苦労様です。お茶をどうぞ」

 彼の名は、「日本から」。
 お茶屋の息子であった。
 高山茶ソムリエの資格も持っている。
 (^^)v

 まだ、劉備玄徳が無名だった頃。
 母のために、高級なお茶を求めた事がある。
 その時に、劉備にお茶を売ったのは、彼の親族だと言われている。
 (笑)

 日本からは、各地を回り、復興に向かっている人達にお茶を振舞っていた。

 まったり村でも、おいしいお茶を振舞ってくれた。

 そして…。
「もしかして、この村には、空き家がありますか?」
「みんなで、色々直してますので、適当に住んでいいですよ」
「それは、ありがたいです」

 実は、日本からは、お茶屋の息子でありながら、最近は武芸に興味を持ち、家には「お茶で復興の支援をしてくる」と言って、武芸の修行三昧の日々を送っていたのだ。
 家に帰ると武芸の修行が出来ないので、安く住める場所を探していたのである。
 (@_@)


 奥さんが森や山から採ってきた食べ物。
 美味しい高山茶。
 復興作業の合間の休憩時間。

 大陸を悪気が包み込もうとしている中、まったり村には、穏やかな風が吹いていた。


 ~~


 魔界…。

 遠呂智の前に、五つの人影が…。

「我と共に、魔界最強の者達がよみがえった…。ふっふっふ…」

 かつて、仙界と魔界の激闘が繰り広げられていた時、魔界最強と呼ばれる五人の者達がいた。

 遠呂智と共に、彼らがよみがえったのだ。

 魔界最強と呼ばれた、五邪神が…。


 ~~


 仙界…。

「五邪神が復活したようだな…」
「やつらが、人間界を崩壊させれば、悪気があふれ、遠呂智の力がさらに強大なものになってしまう」

「やはり、人間達では、太刀打ちするのは無理でしょうか…」
 三蔵法師は、ため息をついた。

「時を越えた民達が、士気の欠片に共鳴し始めている、彼らの力を信じよう…」
「そうだな。それに、劉備の元にいる、関羽と張飛ならば、五邪神とも戦えよう」
「だが、敵は五人…。太平の世を願う豪傑達が、劉備の元に集まってくれれば…」

 すると、三蔵が言った。
「とても大きな輝きが、劉備の元に…。穏やかな光なれど、関羽、張飛にも劣らぬ、凄まじい闘気…」
 三蔵は、微笑みながら、さらに続けた。
「供の二人も輝きを放っています…。早く、劉備の元にお行きなさい…」


 ~~


 群がる遠呂智軍を蹴散らす豪竜胆!

 趙雲子龍の槍が、遠呂智軍に襲撃された町を救っていた。

「軌道が見えない…」
 きりさは、趙雲の槍さばきに、呆然としていた。
「天下は広い。上には上がおりますな~。私達も続きましょう」
 紅朱はそう言うと、遠呂智軍に切り込んだ。
 きりさも、後に続く。


 五邪神の復活!
 遠呂智の力は、さらに強大になっていく。

 しかし、太平の世を願う劉備軍にも、大きな力が集まろうとしていた。



ギルド「三国市まったり村」のメンバー登場です。
日本からさんです。
(^^)v

お茶屋の息子として登場です。
しかも、「高山茶ソムリエ」の資格を持っているという設定です。
(笑)

「劉備が母のために茶を買う」というお話は、横山光輝さんの三国志に出てくるエピソードです。
(^^)v


そして、遠呂智軍に、五邪神が登場しました。
魔界最強軍団という噂です。
(@_@)

五邪神の名前を考えていますが、なかなか思いつきません。
思いつかなかったら、ゴレンジャーの様に、「赤邪心」「黄邪心」…にしてしまいましょうか。
(笑)
関連記事

 | ホーム |