プロフィール


名前 【愛夢OK(あいむOK)】
年齢 【黄忠より年下】
勢力 【ずっと劉備軍】
ギルド『まったり村』村長です。
宝物 【奥さん(愛美奥参)】
奥さんと一緒に、のんびり、無双 Onlineを楽しんでいます

◆キャラプロフィール◆

カテゴリ


PR


色々なブログ紹介


もしあの軍師が・・・惜しいかな郭嘉奉孝の巻

三国志談義です。
(^^)v

三国志ファンが一度は思う事があります。
それは、「もし、あの武将が・・・」。

今回は、もしあの軍師が・・・というのを、考えてみたいと思います。

魏、呉、蜀、それぞれの国で、「もしあの軍師が早死にしなかったら…」と思う軍師がいます。


魏の国では、やっぱりこの人!
「郭嘉奉孝(かくかほうこう)」

魏の曹操配下の軍師と言えば、郭嘉、荀イク、荀攸、程イク、賈ク、司馬懿など、有能な人物が多いです。
その中でも、郭嘉は、曹操からの信頼が厚く、「郭嘉だけが、私の心を理解している」とまで言わしめた人物でした。


郭嘉は、状況を分析する事に優れていて、的確に敵軍の動きを予測した軍師でした。

袁紹が没した後、曹操軍が一気に袁紹の息子達を滅ぼそうと勢いづいた時!
郭嘉は、ここで攻めれば袁紹の息子達が結束するだけ、しかし、攻めなければ、勝手に後継者争いが起こると予測しました。
曹操は、郭嘉の言を入れ、兵を引きます。
すると、その後、郭嘉の予測通り、袁紹の息子達は後継者争いを起こし、自滅してしまいました。

河北一帯の完全制圧に乗り出すさい、荊州の劉表と劉備が、曹操の本拠を攻めるのではないかと危惧された時!
郭嘉は、劉表の人となりと、劉表と劉備の関係を推し量り、劉備が動く事はないと予測しました。
実際に、劉備は動かず、曹操軍は河北一帯を平定したのでした。

しかし、遠征からの帰り、郭嘉は病に倒れ、38歳の若さで、この世を去ります。
郭嘉の死にさいし、曹操は、「哀しいかな奉孝、痛ましいかな奉孝、惜しいかな奉孝」と言ったそうです。

そして、後の「赤壁の戦い」で曹操が大敗を喫した時は、「郭嘉が生きていれば、このような敗北はなかっただろう」とも言ったそうです。


本当に、もしも、赤壁の戦いの時に、郭嘉が生きていたら!
三国志の歴史は大きく変わっていたかも知れません。

その大きなポイントは、疫病です。
赤壁の戦いで、曹操軍は大陸を南下して戦う事になります。
南の風土になれない曹操軍は、疫病に悩まされて多くの兵を失ったそうです。

実は、郭嘉は、生前に、「南方制圧のさいは、疫病が多く発生して、自分は生きて帰ってこれないだろう」と言っていたそうです。

すでに疫病を予測していた郭嘉が、赤壁の戦いの時に生きていたなら、もしかしたら、疫病の被害を少なくする対策を講じていたかもしれませんね。
その結果、赤壁の戦いの勝敗が変わって!
その後の、三国志の歴史は、現在と違っていた可能性も・・・。
そして、三国を統一するのは、司馬炎(司馬懿の孫)ではなく、曹操だったかもしれません。
(@_@)


三国志の「もしも」を考えると、とても楽しいです。
軍師編だけでも、色々と想像ができます。

呉の周瑜が、蜀のホウ統が・・・早死にしなければ・・・。
徐庶が劉備軍にとどまっていたら・・・。

色々な事を想いながら、無双オンラインを楽しみたいと思います。
(^^)v
関連記事

 | ホーム |