プロフィール


名前 【愛夢OK(あいむOK)】
年齢 【黄忠より年下】
勢力 【ずっと劉備軍】
ギルド『まったり村』村長です。
宝物 【奥さん(愛美奥参)】
奥さんと一緒に、のんびり、無双 Onlineを楽しんでいます

◆キャラプロフィール◆

カテゴリ


PR


色々なブログ紹介


「武器に属性を付ける」動画付き ~真・三國無双 Online入門~

新規の皆さんへの、真・三国無双オンライン入門講座!
今回は、武器の属性についてです。

◆属性の種類◆

属性には、「炎」「氷」「雷」「風」「斬」があります。


◆属性の効果◆

【炎】
発動すると、敵が燃えます。
燃えている間は、防御力に関係なく、敵の体力が減ります。
敵が「よろける」「浮く」間は燃え続けます。
雨や雪で、効果減。

【氷】
発動すると、敵が一定時間凍ります。
雪で、効果増。

【雷】
発動すると、敵が感電して気絶します。
感電中は、空中で受身が取れません。
SA武将やHA武将でも、気絶させる事が出来ます。
雨や雪で、効果増。

【風】
発動すると、「敵を吹き飛ばし」「敵の鈍足化」。
鈍足時は、ジャンプが出来ません。
鈍足は、「移動最大」で解除できます。
雨や雪で、効果増。

【斬】
発動すると、固定ダメージでの攻撃。
(発動中は無双ゲージ消費)
斬玉=20
極斬玉=25
通常攻撃のダメージの方が大きい場合は、通常攻撃のダメージ優先。


◆属性の付け方◆

以下の時、属性攻撃が出来ます。

・炎玉、極氷玉などの、属性アイテムを装備する。
・自軍拠点の中で戦う。
(拠点にある鼎から出る煙の色で、属性の種類を確認できます)
・武器練成で武器に属性を付ける。


属性は、以下の優先順位があるそうです。
「装備アイテム」>「拠点の属性」>「武器の属性」
つまり、アイテムに「炎玉」を付け、武器に「氷玉」を付けて、風属性の拠点で戦った場合、すべての属性効果が発動するわけではなく、アイテムの炎玉が優先されるという事のようですね。


◆属性の発動方法◆

属性は、属性アイテムなどを装備した状態で、以下の攻撃の時に、発動する事があります。
(必ず発動するわけではありません)

・「C3」「C4」「C5」の攻撃で、属性が発動する事があります。
(長棍は、「C2」も属性が乗ります)

・属性の乗る刻印の攻撃。
武器によっても、刻印によっても、属性が乗るかどうかは違います。

例えば!
直槍の「盾」は、属性が乗ります。
長棍の「盾」は、属性が乗りません。

武器ごとに、どの刻印に属性が乗るかは、無双オンラインwikiや本格的な攻略サイトを参照して下さい。
m(__)m


◆着火無双◆

「炎」属性は、敵が浮いている間は燃え続けるという特性を利用して、敵を浮かせるタイプの無双乱舞と組み合わせて使う事が出来るそうです。

・炎玉などを装備した状態で、C3などで炎属性を発動させて、敵に炎を付けます(着火)。
・そのまま、無双乱舞(浮かせタイプ)!

敵は、「無双乱舞のダメージ」+「浮いたまま炎で燃え続けるダメージ」=いっぱいダメージ!

これを、『着火無双』というそうです。
恐ろしい~!
(@_@)


◆よく使われる組み合わせ◆

武器によって、相性のいい属性があるようです。
調べてみたので、いくつか例を上げます。

・「大斧(C6覇)」+「氷」「斬」
・「燕扇(C1盾)」+「風」
・「燕扇(C6衛)」+「斬」
・「牙壁(C3)」+「風」
・たぶん新武器「盤刀(C3)」+「風」

・鉄剣、獄刀(究極強化「鳳凰」)+「全属性」
究極強化「鳳凰」は、すべての攻撃に属性が乗るようになります。


・鉄剣(究極強化「鳳凰」)+「斬」は、『斬鉄剣』と呼ばれているそうです。
ルパン三世の石川五ェ門みたいですね。
ルパン三世ファンには必須の武器かもしれません。
(笑)


・長棍(C2)+「雷」
これは、個人的に好きなので!
まずは、「C1突(雷)」「N4」「C3の1回止め」で敵を気絶。
「C2雷」で敵を跳ね上げて、感電して受身の取れない敵に続けてC2!
でも、連続でC2を当てるのは、なかなか難しいです。
(T_T)

あるいは、C2から敵が落ちる寸前で無双乱舞。
ちなみに、対PC戦では、あまり成功した事がないので、NPC相手にやってます。
NPCは、雷つけなくても、受身を取りませんけどね。
(笑)

うまい長棍使いは、この連携攻撃を見事に使うのだと思います。
私も、いつかうまく使えるようになりたいです。
(T_T)

他にも、相性のいい組み合わせは、色々あると思います。


それでは、試技官で、玉アイテムをつけて実際に戦った動画です。
「炎」「氷」「雷」を紹介しています。
「武器に属性をつける」動画はこちら!


皆さんも、属性をつけて、戦ってみて下さいね。
(^_^)/
関連記事

 | ホーム |