プロフィール


名前 【愛夢OK(あいむOK)】
年齢 【黄忠より年下】
勢力 【ずっと劉備軍】
ギルド『まったり村』村長です。
宝物 【奥さん(愛美奥参)】
奥さんと一緒に、のんびり、無双 Onlineを楽しんでいます

◆キャラプロフィール◆

カテゴリ


PR


色々なブログ紹介


第50話『優宴の野望』

真・三國無双 Online まったり村伝
~潼関の戦い編~


  第50話『優宴の野望』


 劉備領の民達の前に、その雄姿があった…。


 君主、劉備玄徳!

 両側に軍師の双璧、諸葛亮孔明、ホウ統士元!

 その後ろに天下の豪傑、関羽雲長、張飛翼徳、趙雲子龍、黄忠漢升、魏延文長!

 そして、関平と月英!

 
 民達に混ざって、まったり村の仲間達も、将軍達の姿に見入っていた。

 天下泰平の世にむけて、劉備軍の戦いは続く!


 優宴は、劉備の周りをウロウロしながら、何か言いたげに、ソワソワしていた。

 その様子を見ながら、諸葛亮は、羽扇で顔を隠していた。
 …笑みをこぼしているようであった。


「我が君! 我が軍には、伏龍、鳳雛の双璧がそろい、関羽、張飛、趙雲の武勇に、黄忠、魏延の武勇も加わり、まさに、太平の世へ向け、進まんとしています」
 優宴の言葉に、劉備はうなずいた。

 そして、ついに、優宴の野望の扉が開く!

「そ、そこでですね~! ここは、派手に宴会しませんか~!」

 何かの進言かと思っていた劉備は、少し戸惑ったが、
「そうだな、宴の席を設けてみるか」
 と、答えた。

「やった~ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'゚☆。.::・'゚★」
 優宴は、大喜びであった。


 実は、優宴は、宴会好きのお祭娘だったのである。

 平和な世の中じゃないと、大騒ぎして遊べないのよ~!
 鍋パーティーしようとしたら、遠呂智が攻めて来るし、イケメンとの合コンに行こうとしたら、曹操が攻めてくるし、歌姫ライブに行こうとしたら、馬超が挙兵するし~!

 絶対に、平和な世を導くのよ~!

 彼女の平和への想いは、誰よりも強い!
 しかし、それは、すべて宴会のため、安心して大騒ぎをするためであった。
 (@_@)


 優宴の行動は、素早かった。

 宴会開催の通達、会場の準備!

 料理や酒は、まったり村の担当である。
 諸葛亮の妻月英も加わり、奥さんとまったり村の者達が、料理を用意した。
 日本からは、実家から、大量の高山茶と老酒を調達した。
 (^^)v


「天下泰平の世に向けて~!」
 君主劉備玄徳の声と共に、劉備軍の大宴会が始まった!


「おらおらおら~! 俺の蛇矛が、太平の世を導くぜ~!」
 酔った張飛が、蛇矛を持って暴れ始めた。
 (@_@)

 すると、それに呼応するように、
「きゃはははははは~! 張飛~! 勝負~! 私の武器はどれ~!」
 優宴も、完全に酔っていた。
 (@_@)

「これか~!」
 優宴が、何か武器をつかんだ。

「そ、それは、わしの盤刀じゃ~」

「え~い! それ、C3~! あれ~、何か矢が飛んだよ~!」

「やるな~小娘~! 返り討ちにしてくれる~!」
 張飛が応戦する。

「きゃははははははは~゚.+:。(ノ≧∇≦)ノ゚.+:。」

 優宴、至福の時であった。
 (笑)


 ~~


 数日後…。

 優宴は、ある場所に来ていた。


 その動機は適切ではなかったが、優宴の平和への願いは強い。

 彼女は、諸葛亮やホウ統とは違う感性と戦略を持っていた。

 その戦略を実現させるべく、優宴は、ここに来たのだ。


 そこは、まったり村…。


 ~~


 その頃、劉備は、諸葛亮にたずねていた。

「優宴は、何を考えているのであろうか…」

 諸葛亮は答えた。
「心配いりません。彼女の策は、必ず、我が軍に利益をもたらします」

「そうか…」

「はい」
 諸葛亮の羽扇が、ゆっくりと揺れる。


 ~~


 優宴の前には、まったり村の者達が集まっていた。

 軍師から、重要な任務が与えられるのである。

 優宴は、その策を伝えた。


「これより、まったり村は! 劉備軍のテーマパークとなりま~す!」

 えっ…(@_@)

 言葉を失う、まったり村の者達…。 

 しかし、さらに、優宴は続けた。


「そして、まったり村の皆さんで、戦うキャラドルユニット「まったり村47」を結成しま~す!」

 え~~~~っ!
 (@_@)




ついに、優宴の野望が明らかになりました。
(笑)

そして、まったり村は、戦うキャラドルユニット「まったり村47」を結成する事になりました。
(@_@)

AKB48と乃木坂46の間をとって、47にしました。
(笑)


潼関の戦い編での展開が、少しずつ明らかになってきましたね。
とんでもない展開になってまいりました!
(@_@)

しかし、実は、まだ、一番重要な人物が登場していません。

次回以降、あの人物が、無双の大地に降り立ちます。
(^^)v
関連記事

 | ホーム |