プロフィール


名前 【愛夢OK(あいむOK)】
年齢 【黄忠より年下】
勢力 【ずっと劉備軍】
ギルド『まったり村』村長です。
宝物 【奥さん(愛美奥参)】
奥さんと一緒に、のんびり、無双 Onlineを楽しんでいます

◆キャラプロフィール◆

カテゴリ


PR


色々なブログ紹介


第75話『終結、そして…』 まったり村伝

真・三國無双 Online まったり村伝
~潼関の戦い編~


  第75話『終結、そして…』

「まさか、劉備軍の力がこれ程とは…」
 遠呂智は、呆れたように言った。
「諸葛亮…。どんな策を講じたのだ…」
 司馬懿は、自分の策が、劉備軍に通用しなかった事に、いらだっていた。
「しかし、やつらの急所は兵糧。すでに、底をついているはずだ…」


 ~~


 その通りであった。
 祁山で、遠呂智軍を食い止めていた、まったり村の精鋭部隊は、お腹が減って、泣きそうになっていた。

「軍師殿~! お腹が減って、動けません~!」
 遠く、諸葛亮に向けて、悲痛な叫びが響いた。
 (ToT)/~~~

 しかし、そこに、格好良くて可愛い忍者部隊がやってきた!

「皆さん、給食の時間ですよ~!」

 まったり村給食部隊、忍者服に身を包み、ただ今参上!

 「士気の欠片」入りの肉まんとカレーまんが、まったり村精鋭部隊を完全復活させたのでした。
 元気だぞ~!
 (^^)/

 精鋭部隊と給食部隊が揃って、「まったり村47」勢ぞろい!


 さらに、続いて、諸葛亮からの伝令が到着!

 『五虎将、祁山に向かう!』

 まったり村47、元気100倍オロナミンC3。
 (新しいチャージ攻撃ですww)


 劉備軍の兵糧が尽きたと読むと、遠呂智軍は、総攻撃を仕掛けてきた。

 しかし、すっかり元気になり、全員揃った、まったり村47!
 遠呂智軍の総攻撃を、連日連夜、耐える、耐える、耐えまくる~!
 (@_@)/

 ちゃっかり、動物さん部隊や、雪熊猫地蔵部隊も参戦!
 (ΘェΘ)/


 ~~

 幾日たっても怯む事のない、まったり村47!
 そして、まったり村47のあまりのしぶとさに、ついに、遠呂智自らが出陣した!

 決着をつけんがために!

 まったり村47VS遠呂智軍!


 司馬懿は、まったり村の陣形を見ると、すぐに弱点に気づいた。
「あの部隊を狙え!」

 司馬懿が狙ったのは、まったり村給食部隊であった。
 さすがは、司馬懿仲達…。

 遠呂智軍が、まったり村給食部隊に襲い掛かる。

 しかし、大丈夫!

 『魔の鉄壁』

 仙界から伝わる武器「鉄壁の叉突矛」が、その力を発揮した。
 魔の鉄壁は、魔界の者の攻撃に対して、防御力が10倍になるのだ!

 いたくな~い!
 (笑)/


 それでも、さらに、攻撃をしかける遠呂智軍!
 前後左右から、同時に敵の攻撃が!
 (@_@)

 反転ガードできないし~!
 (T_T)

 しかし、大丈夫!

 『魔の結界』

 仙界から伝わる武器「女カの細剣」が、その力を発揮した。
 魔の結界は、全方向からの魔の力をガードできるのだ!


 まったり村給食部隊に群がる遠呂智軍。
 しかし、それが逆にあだとなった…。

 まったり村給食部隊は、「魔の鉄壁」と「魔の結界」により、完全に遠呂智軍の攻撃を防いだ。

 攻撃に失敗した遠呂智軍の隙を、まったり村精鋭部隊が見逃さなかった。

 投弧刃C3!

 どこからか飛んできた攻撃に、遠呂智兵が気絶する…。

 投弧刃C1砕(炎)!
 (砕は、デフォルトで炎属性です。でも炎を当てるのが難しいようです)

 遠呂智兵が炎上した…。

 無双乱舞!
 (C1砕の着火無双は、タイミングが難しいそうです(@_@))

 燃え上がり、次々と倒れる遠呂智兵…。


 熊副将のおにぎりと一緒に、わ~いわ~いと、奥さんが喜んだ!


「おのれ~!」

 その奥さんのところに、遠呂智が~!
 わ~いわ~いが気に入らなかったのか~。
 (@_@)

 奥さん、大ピンチ!

 しかし、奥さんの手には、「山田の鉤鎌刀」が!

「それは、山田の鉤鎌刀…」

 山田の鉤鎌刀は、仙界に伝わる武器の中で、魔を滅ぼす武器と呼ばれていたのだ。

 一瞬、たじろぐ、遠呂智であった。

 その隙を逃さず、奥さんが、山田の鉤鎌刀を振り上げた。


 すると~!


 どうした事であろうか!


 なんと~!


 信じられない事に!


 あのおとなしい奥さんが~!



「山田~~~~~~!」
 と、大声で叫んだのだ!


 …。

 …。



 …だから何だ、と言われると、別に、何でもないのですけどね。

 とりあえず、奥さんが、大きな声で叫んだのですよ…。

 山田~っとね…。

 …。


 奥さんは、怖くなったので、山田の鉤鎌刀を放り出して、仲間達の元に逃げた。
「ごネんなさ~い」
 (現在、奥さんは、「ごねんなさい」と言うだけで笑ってしまいます。くわしくは、昨日の記事で(^^)v)

「奥さん、危ないから、こっちにおいで~!」
 優しい仲間達であった。
 (^^)v


「ふっ…」
 遠呂智は、苦笑いを浮かべると、再び、襲い掛かってきた。


 しかし、その時、まったり村47の後方から、陣太鼓の音が…。


 揺れる白羽扇…。

 その前には、五人の武将が…。

 関羽雲長!
 張飛翼徳!
 趙雲子龍!
 馬超孟起!
 黄忠漢升!

 諸葛亮と共に、五虎将が、到着したのだ!

 あまりにも、壮観な勇姿であった。
 この五人を前にして、相対する事が出来る者など、存在しないのではないかと思うほど、辺りを圧する勇姿であった。


 五虎将が、遠呂智に迫る!


「ふん…」
 諸葛亮と五虎将の姿を見ると、司馬懿は、いち早く、退却してしまった。
 名軍師は、決断も早い…。
 (@_@)


 そして、遠呂智も…。
「こうなってはしかたがない…引くか…」

 遠呂智も、退却しようとした…。

 しかし、その時、遠呂智の足が、何かの上に乗った…。
 それは、「山田の鉤鎌刀」であった。
 (@_@)

 遠呂智は、体勢を崩して、倒れてしまった。

 山田の鉤鎌刀は、ぽよ~~んと弾け上がると、遠呂智めがけて落下してきた。

「おぉ~」

 遠呂智は、何とか、山田の鉤鎌刀をよけた。

 …。

 起き上がる遠呂智…。

 しかし、その時には、遠呂智は、五虎将に囲まれていたのだ。

「覚悟するが良い」
 関羽の声と共に、五虎将の闘気が、凄まじく共鳴する!

 激・無双乱舞!
 (五虎将全員の激・無双乱舞! 想像しただけでも恐ろしい威力ですね(@_@))

「山田の鉤鎌刀さえなければ…」
 遠呂智がつぶやいた瞬間!

 五虎将の激・無双乱舞が遠呂智を切り裂いた!

「おのれ~、山田~~~~~!」

 五虎将の恐るべき強さによって、遠呂智の姿は、消滅した。

 遠呂智との戦いは、終わったのだ…。



 しかし、遠呂智の魂は、滅してはいなかった。
 遠呂智の魂は、遠く海を渡り、小さな島国、「倭」の国に逃れた。
 後に、遠呂智は、「山田」への無念により、「ヤマダノオロチ」となった…。
 (笑)/

 お後がよろしいようで…。
 <(_ _)>

 真・三國無双 Online まったり村伝~潼関の戦い編~
 -完-



 ~~

 遠呂智が消滅した後…。

 毎日が楽しいまったり村。
 美味しい料理とミクの歌。

 しかし、その、まったり村に、新たな敵が襲来する。

「敵、蹴散らすっ」
 (@_@)



「まったり村伝~潼関の戦い編~」は、終わりです。
(^^)v

どんな終わり方にしようか考えた結果!
「ヤマダノオロチ」と「ヤマタノオロチ(八俣遠呂智)」のパロディーで終わりました。
(笑)/

現在発売中の「無双OROCHI2」に、「ヤマタノオロチ(八俣遠呂智)」らしき怪物が登場しますので、タイトルの「終結、そして…」は、無双OROCHI2に続くと考えてもいいですね。

あるいは、新たな敵との戦いに続くと…。
そう、まったり村に、「敵、蹴散らすっ」が攻めてくるのです。
(@_@)

無双オンラインプレイヤーの皆さんは、このセリフだけで、敵の正体が分かると思います。
そう、あいつです。
(笑)/

「真・三國無双 Online まったり村伝」、新章は、2012年スタートです。
(^^)v

第74話『給食部隊と救援部隊』 まったり村伝 SS画像54



真・三國無双 Online まったり村伝
~潼関の戦い編~


  第74話『給食部隊と救援部隊』

  SS画像54「愛美奥参、リッカ★」


 見るものすべてが戦を忘れていた。
 過去にこれ程の戦いがあっただろうか…。

 蛇矛と方天画戟のぶつかり合い。
 張飛と呂布の一騎討ちであった!

 遠呂智が時空を歪めて導いた、呂布、董卓、張角。

 五虎将と劉備軍は、予期せぬ強敵と戦っていた。

「すぐに祁山に向かうのは無理ですね…。仕方がありません、次の手をうちましょう」
 諸葛亮は、つぶやいた。


 祁山で、遠呂智を防いでいる、まったり村精鋭部隊は、五虎将が到着するまで、遠呂智を食い止めるのが任務である。
 しかし、五虎将の到着が遅れれば、大きな問題が発生するのだ。

 それは、食料…。

 険しい桟道を通っての遠征軍は、毎回、食糧難との背中合わせであった。
 食料が尽きれば、撤退である…。


 ~~


 そう、今、あの部隊の出番がやってきたのだ!
 (@_@)/

 まったり村給食部隊!
 いつの間にか、給食になってるし~!
 (笑)/

 奥さんやミク達が、白い割烹着を着て、みんなで作った、肉まんやカレーまん!
 愛情込めて作ったので、士気の欠片の効果が満載なのだ!

 これを食べれば、元気3594倍!

 まったり村給食部隊、出陣!



 しかし、その道は、険しかった~。
 (T_T)


 第一関門!

 劉備領の治安が安定した地域を少し出たところで、いきなり盗賊と遭遇…。
 まったり村の精鋭部隊なら、盗賊など敵ではないのだが、給食部隊は、ちょっとビビッてしまうのです。

 しかし、そこに、ビュンビュンビュンビュンと、何かが飛んできた。
 次々に倒れる山賊達。

 そこに現れたのは、劉備軍の農民達であった。
 劉備軍の農家に代々伝わる伝統芸能、カマブーメラン!
 (笑)/

「ミクちゃん、応援してるぞ~!」

 農民達の助けを受けて、まったり村給食部隊は、第一関門を突破した!
 (@_@)/


 第二関門!

 険しい山道に入ると、山賊に遭遇してしまった。

 まったり村給食部隊、再びピンチ!

 しかし、そこに、狼の遠吠えが響く!

「おお~~ん!」

 そこに現れたのは、奥さんの狼副将の雪見大福であった。

 そして、熊副将のおにぎり、虎副将の甘酒、熊猫副将のあんパンダ!

 ミクの熊猫副将のゴンザレス、鹿副将のエリザベス!

 さらに、劉備軍で幸せに暮らしている動物達が、みんなで助けにやってきた!

「動物さん達~、ありがとう~!」

 動物達の助けを受けて、まったり村給食部隊は、第二関門を突破した!
 (@_@)/


 最終関門!

 険しい桟道。
 まったり村食料部隊は、えっちらおっちら先を急いだ。

 しかし、そこに、少数ではあったが、遠呂智兵が現れたのだ。
 あんたら、どこから出てきたの~!
 (@_@)

 少数の遠呂智兵とはいえ、まったり村給食部隊は、すっかりビビッてしまった。

 しかし、そこに!

 ぴゅ~!
 ぴゅ~!
 ぴゅ~!
 どん!
 どん!
 どん!

 何かが、空から降ってきた。

 それは、雪熊猫地蔵であった。
 \(ΘェΘ)/

「いつも歌とおにぎりありがとう~!」

 雪熊猫地蔵の助けを受けて、まったり村給食部隊は、最終関門を突破した!
 (@_@)/


 後は、まったり村精鋭部隊の元へ~!

 と思ったら、道が険し過ぎるのです…。
 (T_T)


 それでも、頑張って、えっちらおっちら行きましょう!
 …相当時間が、かかりそうではありますが。
 (@_@)


 すると、どこからか声が…。

「まったり村の皆さんですね…」

 まるで影の様に現れた人物。
 女忍であった。

 彼女の名は、リッカ★…。

「これをどうぞ」

 リッカ★が差し出した物…。
 それは、忍者服であった。

 着てみると、とても素早く動く事が出来るようになった。

「ありがとうございます。お礼にこれを」

 奥さんは、肉まんとカレーまんのセットを渡した。
 (@_@)


 忍者服で素早くなったまったり村給食部隊!
 一目散に走り出した!


 見送るリッカ★。
 その後ろに、人影が現れた。

「あれで、よろしかったのですか」
「恩は返す主義でな…」

 それは、雲隠才蔵であった…。


 ~~


 荊州の戦いは、長期戦になっていた。

 張飛が呂布をとめる。

 しかし、董卓、張角、遠呂智軍の攻勢が続いた。

 関羽、趙雲、馬超、黄忠が、敵の大軍をとめる。

 遠呂智を倒す為には、この戦に少しでも早く勝利し、祁山に向かわなければいけない。

 焦る、劉備軍!

 そこに、思わぬ援軍が!

「関羽よ、この程度の敵にてこずっているのか」

 隻眼の猛将、夏侯惇元譲!

 そして、他方からも!

「…援軍に来た」

 孫権の守り神、周泰幼平!

 そこに現れたのは、曹操軍と孫権軍の、猛将達であった。

「遠呂智が祁山に出たと聞く! ここは我々に任せて、貴殿らはそちらに向かわれよ!」
 張遼が、叫んだ。

「かたじけない! 遠呂智討伐の後は、再び、そなたらと、あいまみえようぞ!」
 関羽が、答えた。

 諸葛亮は、遠呂智の動きを、曹操領と孫権領に広めていたのだ。
 …曹操、孫権の猛将達が動く事を予期して。


 強大な敵、遠呂智!
 しかし、今、五虎将が、祁山に向かう!



今回は、色々な仲間達が、劉備軍とまったり村を助けにきました。
仲間達、ありがとう~!
(ToT)/~~~

SS画像は、今話題の忍者服です。
『真・三國無双 Online ~蒼天乱舞~ 4周年記念パック』で、特定の条件をクリアした人だけがもらえる、レア服飾です。

仲買で奥さんの分だけでも買おうと思って、お金をたくさん貯めておきました。
そして、リッカ★さんから、1セット丸ごと買いました。
リッカ★さん、ありがとうございました。
(^^)/

忍者服は、染色も出来ます。
リッカ★さんは、ピンク忍者になってました。
(@_@)

ちょうど奥さんがインした時間に、リッカ★さんもいたので、一緒にSS撮影してきました。
(^^)v


物語は、ついに、遠呂智との戦いに入ります。
次回、普通に最終回を迎える予定です。
(笑)/

第73話『五虎将の力』 まったり村伝

真・三國無双 Online まったり村伝
~潼関の戦い編~


  第73話『五虎将の力』

 奥さんとまったり村の宴会部隊の者達は、大忙しであった。
 …いつの間にか、宴会部隊になっている。
 ww

 遠呂智との最終決戦に向けて、出陣の宴である。

 美味しい料理が宴席を彩る。
 そして、ミクの歌が流れる。

「食えば食うほど、強くなるような気がするぜ~!」
 張飛は、料理を食べながら言った。
「今じゃ無理な話だが、呂布の野郎と、一戦やりてえ気分だな~!」
 そして、豪快に、酒をあおった。 

 それは事実であった。

 奥さんに宿った士気の欠片。
 …そう言えば、そんな設定ありましたね。
 ww

 その士気の欠片は、まったり村の活動を通して、劉備軍全域に広がっていたのだ。


 ~~


 …仙界。

「凄まじい輝きですね」
 三蔵法師は、劉備軍の輝きを感じながら、つぶやいた。

「仙界から、士気の欠片が持ち出された時は、どうなる事かと思ったが。…これ程、大きな効果をもたらすとはな」
 太公望は、満足そうに言った。

「元々凄まじい闘気を発していた五つの輝きが、士気の欠片をまとって、さらに輝いています」
「五つの虎か…」
「彼らなら、五邪神をも倒す事ができるかもしれませんね」
「…そうあって、ほしいものだ」

「きっと、大丈夫です。五つの虎の周りの輝き達も、ずいぶんと大きくなっています」
「はははっ。まったりとな」
 太公望と三蔵法師は、微笑んだ。


 ~~


 諸葛亮は、軍を動かした。

 軍は二つ…。

 一つは、関羽、張飛、趙雲、馬超、黄忠の五虎将と共に、荊州へ。

 遠呂智軍は、曹操領、孫権領を混乱に落としいれた後、荊州に集結していたのだ。

 そして、もう一つ、まったり村の精鋭部隊が、諸葛亮の命をうけ、出陣した…。

 最終決戦の幕が上がったのだ!


 ~~


 …荊州。

 遠呂智軍の勢いは、凄まじいものであった。
 反乱を起こした曹操と孫権の民達は、何かにとりつかれたように、暴徒と化していた。

 そこには、黄巾の乱以上の惨劇があった。

「強大な邪神に引きづられて、民達が正気を失っているようです。その元を断たなければいけません」
 諸葛亮の羽扇の先…。

 そこに、五邪神がいた。
 
 獣骨魔神(じゅうこつまじん)。
 獣骨幻魔(じゅうこつげんま)。
 祀天豹黒(してんひょうこく)。
 白羽朱梟(はくうしゅきょう)。
 双角闘神(そうかくとうじん)。

 完全復活した五邪神は、恐るべき力で、曹操軍と孫権軍を壊滅させ、その強さが、民達の反乱に拍車をかけていた。

「我が軍の五つの光が、かの邪悪な者達を打ち砕く事が出来れば、民の暴走は止まります」
 諸葛亮は、羽扇を揺らしながら、つぶやいた。

 諸葛亮の後ろには…。

 関羽雲長!
 張飛翼徳!
 趙雲子龍!
 馬超孟起!
 黄忠漢升!

 劉備軍が誇る、五虎将の姿があった…。

「承知いたした」
 関羽の落ち着いた声が、諸葛亮のつぶやきに答えた。

「行くか~!」
 張飛の声と共に、五虎将が馬を進めた!


 五虎将VS五邪神!


「劉備の雑魚どもか。完全復活した、我らの力を思い知る事だな!」
 獣骨魔神が言うと、五邪神が動いた。

 祀天豹黒、白羽朱梟、双角闘神が、襲い掛かってきた。
 趙雲、馬超、黄忠が迎え撃つ。

 曹操軍と孫権軍を壊滅させた力が、五虎将を襲う。

 しかし、趙雲、馬超、黄忠は、たやすくその攻撃をはじき返した。

「若造共に、戦と言うものを教えてやろうかいな」
 黄忠が、自慢の弓を引く。
 恐るべき速さで、弓が連射された。

 盤刀C3雷!

 祀天豹黒、白羽朱梟、双角闘神を、無数の矢が襲う。
 三人は、動けなくなった。
(雷属性気絶効果(^^)v)

 趙雲が豪竜胆に!
 馬超が鉄騎尖に!
 渾身の力を込めた!

 C1突極雷!

「趙子龍の槍さばき、見切れるか!」
 趙雲の豪竜胆が、祀天豹黒を貫いた!

「我が正義の刃、受けてみよ!」
 馬超の龍騎尖が、白羽朱梟を貫いた!

 一撃で地に落ちた二人を見て、愕然とする双角闘神。

「若造、終わりじゃ」
 黄忠の声が響いた。

 無双乱舞!

 黄忠の旋風斬が、双角闘神を切り刻んだ。

「おっとっと~! ちと、勢いがつき過ぎたわい」
(盤刀の無双乱舞の最後は、よろけます(^^)v)

 趙雲、馬超、黄忠の前に、祀天豹黒、白羽朱梟、双角闘神は、なすすべもなく倒れた。
 
「な、なに…」
 獣骨魔神と獣骨幻魔の顔色が変わった。

 そこに、関羽と張飛が…。

「俺様とやる覚悟は、できてんだろうな?」
 張飛が、肩に蛇矛を担いで言った。

「兄じゃの道、邪魔はさせん」
 関羽の青龍偃月刀が、大気を切り裂いた。

 偃月刀C1盾!

 獣骨魔神と獣骨幻魔、そして、遠呂智兵や反乱した民達まで、その威力が押し寄せた。
(偃月刀C1盾は攻撃範囲が広いです(^^)v)

 そして、張飛の蛇矛が!

「おらおらおら! 燕人張飛参上だ!」

 蛇矛C3氷(SA)!

 張飛が八の字を描くように、蛇矛を振り回すと、張飛の周りに闘気の渦が巻き起こった。
 獣骨魔神と獣骨幻魔が、張飛を攻撃したが、張飛は怯むことなく、突き進む。
(蛇矛C3はSA付きなので敵の攻撃をうけてもよろけません)

 蛇矛が大地を揺らした!
 凄まじい衝撃波が湧き上がった!

 獣骨魔神と獣骨幻魔は、その威力に凍り付いていた。
(氷属性は敵が凍ります)

「我が刃、受け止めてみよ!」
「俺様がぶっ潰してやるぜ!」
 関羽と張飛が叫ぶと、二人の周りに、凄まじい闘気が湧き上がった!

 激・無双乱舞!

 関羽の青龍偃月刀と、張飛の蛇矛が、呼応するように、敵をなぎ倒す。
 大地を揺るがす威力が、獣骨魔神と獣骨幻魔を包み込んだ。
(無双ゲージが貯まった者同士が近づくと激・無双乱舞となります)

 魔界最強といわれる五邪神。
 しかし、士気の欠片をまとった五虎将の敵ではなかった。
 (^^)v

 絶対の力を誇った五邪神が、いともたやすく倒されると、遠呂智軍の勢いは止まった。
 そして、暴徒と化していた民達が、我に返った。

「想像以上ですね」
 諸葛亮は、微笑んだ。



 そこに、どこからか、声が…。

「軍師殿の読みどおりでした」

「やはりそうでしたか」
 諸葛亮が答える。

 声の主は、雲隠才蔵。

「遠呂智は、祁山に出ました」



 遠呂智は、荊州に全軍を集結するように見せかけて、同時に、祁山からも攻め込むつもりだったのだ。

 諸葛亮は、遠呂智自身の動きが無い事からそれを読み、祁山に、まったり村の精鋭部隊を送っていた。

 祁山の、まったり村精鋭部隊は、守りに徹し、遠呂智軍の侵攻を食い止めていた。

 荊州の戦が終わって五虎将が到着するまで祁山を守る。
 それが、使命であった。

 荊州の主力部隊は、五邪神を蹴散らした後、残兵を鎮圧してから、祁山に向かう。


「これで、五虎将が祁山に到着すれば、遠呂智を倒せます」
 諸葛亮の羽扇が揺れた。


 ~~


「五邪神が敗れただと…」

 遠呂智は、守りに徹するまったり村精鋭部隊に、てこずっていた。
 まったり村の精鋭部隊は、日々の演習で、素晴らしい強さを身につけていたのだ。

 そこに、五邪神敗北の報が…。

「こうなっては仕方がない…。もう一度、あの者達を…」


 ~~


 諸葛亮は、戦の鎮圧を急いでいた。

 しかし、なんと、五虎将の前に、張角、董卓、そして、呂布が現れたのだ…。

 遠呂智は、自らが完全復活する事をあきらめ、その力で、再び、時空を歪めたのだ…。



劉備軍VS遠呂智の最終決戦が始まりました。

最初は、五虎将VS五邪神!
五虎将強過ぎバージョンです。
ww

無双オンラインの中で英傑達が言うセリフも、いくつか入れました。
(^^)v

諸葛亮の思惑通りに進んでいた最終決戦ですが、その前に、董卓や呂布の姿が!
(@_@)

次回は、おちゃらけバージョンも織り交ぜてお届けします。
ww

第72話『優宴の秘策』 まったり村伝

真・三國無双 Online まったり村伝
~潼関の戦い編~


  第72話『優宴の秘策』

「なぜだ! なぜ、劉備の民は、動かないのだ!」
 司馬懿は、天に向かって叫んだ。

 遠呂智軍が、劉備領に軍を進めた。
 曹操、孫権に続き、遠呂智と司馬懿の策が、劉備軍にも及んだのである。

 しかし、劉備軍の民が、反乱を起こす事はなかった…。


 ~~


「ついに、遠呂智が、動いたようですね」
 諸葛亮の言葉に、劉備は、神妙な顔でうなずいた。
 そこには、優宴の姿もあった。

「曹操、孫権との争い。…長らく、乱世が続いている。…さらに、遠呂智との戦が続くとなると、軍事物資や軍資金もかさむばかりだ。…民達には、苦しい思いをさせてしまうな…」
 劉備は、民達の暮らしを憂いていた。

 しかし、
「我が君、大丈夫です」
 と、優宴が微笑んだ。

 うなだれていた劉備が顔をあげた。

「我が軍の軍事物資は、遠呂智を飲み込まんばかりに、満たされています」
 優宴の頼もしい言葉の横で、諸葛亮が笑みをたたえながら、羽扇を揺らしていた。



 群雄は、己の野望のために、覇権を争う。
 武将達は、戦に明け暮れる。

 しかし、民達は、そんな野望もなければ、戦も望んではいない…。

 そして、戦は、ただでは出来ない。
 食料、武器、防具、軍資金。
 それらは、民達の税でまかなわれる。

 戦が続けば、民達の生活は貧窮し、不平不満があふれ出すのが当然の道理であった。

 それは、劉備軍も同じはず…。

 しかし、劉備軍の民達からは、不平や不満が出る事はなかった。
 劉備が、民達の事を思い、善政を行っている事。
 そして、優宴の策が影響していたのであった。

 ミクとまったり村の者達は、劉備軍全域にわたり、懸命に活動を繰り返していた。
 その知名度と人気は広まり、劉備軍の民達に大いに喜びを与えていたのだ。

 そのミク達が、劉備軍の精鋭部隊や食料部隊として、懸命に戦っている事を知ると、民達に、太平の世へ向けての戦いを後押ししたい気持ちが芽生えていた。
 私財を、軍に寄贈する者も、多く現れた。

 ミクとまったり村の活動の利益も、大きな力になっていた、民から税を取り立てるのではなく、民達が、素晴らしい歌や美味しい調理の楽しみを得る事により、その対価として、劉備軍の軍資金が潤っていくのだ。

 そして、民達は、再びその楽しみを味わう事を目標に、懸命に働く。
 働きに、喜びが生まれていた。

 さらに、ミクの噂が、勢力を超えて広がった事により、多くの旅人が、劉備勢力を訪れた。
 旅人は、劉備勢力で、食事をとり、宿に泊まり、土産を買う。
 劉備勢力が、どんどんにぎわっていくのだ。

 こうして、劉備軍の軍備は、民達の喜びと共に、充実していたのであった。



 優宴の策にうなずく劉備を前にして、優宴は言った。

「英雄豪傑は志(こころざし)で動きます。…民達は心で動きます」

「見事な策ですね」
 諸葛亮が微笑んだ。

 すると、優宴がもう一言…。

「と言うわけで、遠呂智との決戦を前に、景気づけに宴会しませんか!」
 (笑)


 ~~


 民は戦を望まない…。

 司馬懿は、戦で疲弊する民達の心を巧みに煽り立て、曹操軍と孫権軍を混乱させた。

 優宴は、戦で疲弊する民達の心を優しく包み込み、劉備軍を守った。

 劉備軍、曹操軍、二人の軍師の見えない戦いであった。


 そして、最後の決戦の幕が上がる…。



優宴の策が明らかになりました。
(@_@)/

おちゃらけバージョンではなくて、とても現実的な策でした。
まあ、一般社会の、楽しい暮らしの仕組みと同じようなものかも知れませんね。
(笑)

仕事をしなければ生きていけないですし、国も成り立ちませんが、ただ働いているだけでは大変なだけです。
何か、楽しみがあってこそ、大変でも働いていけるというものです。

無双オンラインが、その楽しみの一つになるといいですね。
これからも、それぞれのプレイスタイルで、楽しみながら、プレイしましょう。
(^^)/


物語の方は、この後、ついに、最終決戦に入ります。

まじめバージョンと、おちゃらけバージョンを織り交ぜながら、描いていきたいと思います。
(^^)v

第71話『ゴンザレス』 まったり村伝

真・三國無双 Online まったり村伝
~潼関の戦い編~


  第71話『ゴンザレス』

 ミクと優宴は、森の中で、仙界から伝わる武器を使う訓練をしていた。
 本当は、奥さんも来るはずだったのだが、張飛が、どうしてもカレーが食べたいと言い出して、カレーを作ってから来る事になった。

 諸葛亮も優宴も、遠呂智との決戦が近い事を予測していた。
 そのため、劉備軍、まったり村ともに、対遠呂智に向けて、懸命に訓練に励んでいたのだ。



 ミクと優宴は、一息ついて、森の中で休憩していた。

 すると、そこに、ガサガサと言う物音が聞こえてきたのだ。

「誰かいる…気をつけて」
 優宴は、武器を持って立ち上がった。

 物音はしだいに近づいてきた。
 そして、そこに現れたは!

 熊であった。

 しかも、それだけではない。
 物音は、別の方向からも聞こえてきた。
 もう一つ、さらに一つ…。

 ガサガサと物音が近づいてくる。

 次にあわられたのは、虎であった。

 そして、狼も…。

 ミクと優宴は、熊、虎、狼という、三匹の猛獣に、囲まれてしまったのだ。

 ミクは、怖かったが、勇気を振り絞って、武器を握り締めた。
 これから、劉備軍の食料部隊として、大切な食料を守るために、頑張らなくては!
 ミクの決心の現れであった。

 一方の優宴は、猛獣達におくする事なく、
「一杯飲んでくればよかったかな~」
 と、余裕であった。

 しかし、もっと余裕のある者がいた。

「遅くなって、すみませんでした~」

 ミクと優宴が見ると、いつの間にか奥さんが来ていた。
 のんきに、持ってきた食べ物を並べていた。
 (笑)

 お、お、奥さん…。
 優宴は、焦った。

 しかし、猛獣達は、容赦なく襲い掛かってくる。

 熊が、急に立ち上がった。
 大きな体が、さらに大きく見える。

 奥さんとミクを守らなくては!
 優宴は、とっさに二人をかばおうとした。

 …が、奥さんがいなかった。
 あれっ?

 見ると、奥さんは、熊めがけて、突撃していたのだ。

 え~っ!
 いつから、そんなに、勇敢な人になったの~!
 (@_@)

 もう、奥さんを助ける事は出来なかった。
 すでに、奥さんは、熊めがけて~。

「ど~~ん!」
 奥さんは、そう言うと、熊のお腹に飛びついた。

 w( ̄△ ̄;)w えっ…。
 ミクと優宴は、絶句した…。

「熊さん、モフモフ~!」
 奥さんは、熊のお腹にくっついて、上機嫌であった。

「おにぎり持ってきたよ~♪」
 奥さんが言うと、なんと、熊が、『わ~いわ~い』と、喜び始めたのである。
 (熊副将の小技ですね(^_^)v)

 さらに、虎と狼も奥さんのそばによってきて、奥さんに甘え始めたのだ。
 (@_@)

 森の動物副将達は、すっかり奥さんになついていたのでした。
 (^^)v

 熊副将の名前は、おにぎり。
 虎副将の名前は、甘酒。
 狼副将の名前は、雪見大福。

 それぞれ、動物達が好きな食べ物の名前をつけていた。
 (笑)


 と言うわけで、奥さんが持ってきた食べ物を囲んで、森の中の食事会が始まった。

 動物副将達も、お目当ての食べ物を、美味しそうに食べていた。
 しだいに、多くの動物副将達がやってきた。

 ミクは、動物副将についての話を聞くと、とても興味を持ったようで、周りに集まってきた、動物達と遊び始めていた。

「私も、動物副将がほしい~」
 そして、ミクが目にとめたのは、小さなパンダ副将であった。

「じゃ、名前つけてあげたら」
 優宴が言うと、ミクは、名前を考えた。
 そして、名前が決まったようであった。

「今日から、あなたは、ゴンザレスよ!」

「ゴ、ゴンザレス…」
 優宴は、思わず言った。
 (@_@)

「なんて良い名前なんでしょう!」
 しかし、パンダ副将は、喜んでいた。

「気に入ったんかい…」
 優宴は、突っ込みも忘れなかった。
 (笑)

 こうして、ミクにも動物副将が出来た。
 ゴンザレスと共に、天下太平の世へ向けて、頑張るのだ。
 (ΘェΘ)/

 ゴンザレス、もう、寝てるけど…。
 (笑)


 ~~


 それからしばらくして、曹操本拠崩壊の報が、劉備軍に届いた。
 そして、孫権本拠崩壊の報も…。

 遠呂智軍の侵略と、決起した民達の暴動は、とどまるところを知らなかった。


「次は、劉備だ…。フフフフッ…」



ミクにも、動物副将がつきました。

今、ミクの家には、パンダ副将の「ゴンザレス」がいます。
ちなみに、鹿副将の「エリザベス」もいます。
(笑)

そして、遠呂智軍と、司馬懿の策略が、ついに、劉備軍にも向けられたようです。
(@_@)

次回、優宴の戦略が明らかになります。
(^^)v

 | ホーム |  次のページ»»