プロフィール


名前 【愛夢OK(あいむOK)】
年齢 【黄忠より年下】
勢力 【ずっと劉備軍】
ギルド『まったり村』村長です。
宝物 【奥さん(愛美奥参)】
奥さんと一緒に、のんびり、無双 Onlineを楽しんでいます

◆キャラプロフィール◆

カテゴリ


PR


色々なブログ紹介


究極の武器「宝剣」 ~真・三國無双 Online講座~

新規の皆さんへの、真・三国無双オンライン入門講座!
今回は、ちょっとネタ的な要素も含めて「究極の武器」のお話です。

簡単に言うと、1本の武器で、制圧も対決もできないだろうかというお話です。
(笑)

私は、武器作りが好きなので、日々、武器の特別強化発生をめざしてプレイしています。
出来るだけ多くの武器を特別強化だらけにしたいと思っています。
(笑)

ですが、人によって、プレイ環境もプレイスタイルも違います。

「武器は出来るだけ少ないほうがいいな~」
「プレイできる時間が少ないから、たくさんの武器を使うのは無理だし、一本の武器で何でもできないかな~」
「制圧戦の時に、制圧も対人も強い武器ってないのかな~」

そこで考えてみました!
(^^)v


まず、ポイントは「破壊強化」だと思います。

通常、制圧戦では、「破壊強化」が必須ですが、対決では逆に「破壊強化」はしません。
この矛盾をどうするのか!

しかし、武器の中には、この問題を、それなりにクリアできる武器が存在しました。
それが「宝剣」です。
(^^)v

名族「袁紹」の武器ですね。
得意技は、頭突きです。
(笑)


宝剣の基本データを見てみましょう。
(カッコ内の数字はSlot位置)

【攻撃力(2)】=46
【破壊力(3)】=55(武器中最大)
【防御力(6)】=42(武器中最大)
【体力(5)】  =160
【無双(1)】  =120
【移動力】   =115(足が遅いのは我慢です)
【ジャンプ】  =120
【究極強化】 =粉砕(破壊力3倍)


この中で注目すべきは、全武器中最大を誇る「破壊力」と、究極強化の「粉砕」ですね。

破壊力に☆(鍛錬)を付けないで戦ったとしても、究極強化の粉砕を発動させれば、「55×3=165」。
なんとか、なるかもしれませんね。

究極強化を考えない場合は、武将ボーナスや服などで破壊力を強化しましょう。
破壊力ボーナスの英傑(蜀なら星彩)に仕官して、破壊力ボーナス「+10」。
軍資金を貯めて、全身破壊服セットを揃えて、破壊力アップ「約+30」ぐらい。
改造をする場合は、破壊力の基本値を改造して、破壊力「+6」。

これで破壊力の基本値は!
55(基本)+10(武将ボーナス)+30(服)+6(改造)=101
(基本値なので、R1でもR5でも、この数字になります)

ちなみに、破壊力が一番低い「双剣」「桜扇」のR5と比べてみると!
R5「双剣&桜扇」
基本破壊力「29」+上昇値「+30」なので、☆(鍛錬)を2個つけた場合。
29+30×2=89

お~!
R5の双剣や桜扇に破壊強化の★を2つ付けたよりも、宝剣の基本値の方が高いですね。
(@_@)

武将ボーナスの破壊力と服の破壊力と改造で補正すれば、宝剣の破壊力は、基本値だけでも、何とかなるような気がします。
いざとなったら、究極強化の「粉砕」もありますしね。

つまり、破壊に★を付けないで、対決仕様の鍛錬にしても、制圧が出来る…ような気がします。
(笑)


■■『宝剣』 制圧対決万能タイプ(笑)■■

改造=攻撃上昇値2回。破壊基本値1回。
刻印=「盾(砕)・覇」
鍛錬=「40331」or「40330」

【攻撃力(2)】=★★★★
【破壊力(3)】=
【防御力(6)】=★★★
【体力(5)】  =★★★
【無双(1)】  =★(or無し)


撃破=C5かC6覇

この宝剣がもっとも力を発揮するのは、制圧戦の長期戦だと思います。
制圧戦で、長期戦になった場合は、完全に強化か完了した状態で戦う事が多いです。

強化か完成してしまった場合のこの宝剣!

連激強化も終わって、究極強化「粉砕」をセット完了!
究極強化を発動すれば~!
破壊力は「101×3=303」
破壊に★が入ってないのに、脅威の破壊力を実現。

さらに、破壊力に★が入っていない対決用鍛錬なので、防御と体力に★が3つずつ入っています。
しかも、Slot位置が「防御6」・「体力5」なので、防御と体力がとても強くなります。
(Slot位置が後の方が、上昇値が大きく設定されています)
対人戦も、いけますよ~!


完全強化か完了した万能宝剣は、制圧も対決もどちらもこなせる、究極の武器となるのです。
袁紹曰く!
「名族の宝剣の前にひれ伏すのじゃ~!」
(笑)



半分はネタみたいなものですけど、一本の武器で制圧も対決もそれなりにこなせるという可能性はありそうですね。
(^^)

ちなみに、現在私は、同様の理屈で、「制圧戦で対人になっても負けない戦盤」を作っています。
(笑)

いろんな意味で、武器作りが楽しい今日この頃です。
(^^)v

 | ホーム |